ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

練習試合 成立学園vsFC東京

黄金カードです。(^^)
前回ここで行った同じ対戦がついこの間の事のように思い出されますが
12月の話ですから、もう半年もたつんですよね。
その間、深川のイギョラ杯でも同じ対戦がありました。

今までと少し違うのは、ともに若手主体のチームである事。
FC東京はクラブユース選手権の翌日ということもあり
実質Bチーム。随行選手も15人程度しか居ません。
二日連続出場は14番小川と23番蓮見くらい。

対する成立は完全な一年生チーム。
そして指揮をとるのも一年生担当の山本コーチです。

30分ハーフが4本行われました。
先に結果を書きますと
成立  FC東京(得点者)
  0-2 25・38
  0-3 23・7・20
  0-3 23・36・36
  0-0
※違ってたらすいません。

2・3年生も混じるFC東京と、完全なる1年生で組成した成立の
力の差と言ってしまえばそれまでですが、それでも1本目は
成立の選手に細かくパスを繋いでいこうという姿勢が強く窺え、
現に上手くつながっていた時間もありました。

ただ、ゴール前のマークがあまりにも甘すぎました。
得点に至らないシーンでも、こんな深くでフリーでボール持たせて!
とハラハラする場面が何回見られたことか…

それでも成立の一年生は気合十分。試合中も先輩顔負けなほどに
よく声が出ていましたよ。ていうか少々ドスが利いていたような。(^^;

成長過程の一年生ですから、結果について深く云々するのは野暮というものですが、
大量失点の悔しさだけは忘れずにこれからの糧としてほしいもの。
少なくとも、コーチは悔しがっているようです。(^^;

FC東京に関しては、後半特に成立DF陣の乱れを衝いて
裏への飛び出しがゴールに結びつくシーンが目立ちました。
それと、ここ暫く姿を見かけなかった20番頼金が復帰、
きょうはGKと一対一の場面で股抜きゴールを決めたのは
嬉しかったですね。
b0014915_1245916.jpg

********************

…と、ここまで書いたところで地震がありました。
静岡でも震度2?くらいのユラ~ッとした揺れを感じたのですが、
震源地は千葉・銚子付近ですか…ちょっと大きいですね。

NHK静岡の字幕によると震度1だそうです。>葵区
マンションの上層階だから、少し揺れが大きく感じたのかも。
[PR]
by inuichi | 2005-06-20 01:25 | サッカー(ユース)