ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

T1 FC東京U-18 vs 国士舘高校

b0014915_1238452.jpg
昨夜とは打って変わっていい天気。予報ではきょうも雨だったのですが、
昨日大量に降ってしまったので雲が枯れたか?(笑)

さて、FC東京ユースにちょっとした変化が起こりました。
7/8にHPがリニューアルし、試合の詳細結果や選手名鑑が掲載されるようになりました。
普段ここで書いている観戦記が誤記だらけなのを見るに見かねて…?んなわけないか。
※従って、今後ここではスタメンや選手交代に関する詳細記録は省略いたします。

試合前、一年生2人がTリーグのプログラムを配りに来たのにもビックリ。
今までなかったことですし、そもそもプログラム自体、基本的には関係者限定品の
はずなのです。
う~ん、何かユースに関する運営方針が変わったのでしょうか?
ちなみにプログラムは自分の所まであと十数名というところで品切れとなりましたが、
自分は既に別ルートで入手済みなので無問題。

変わったといえばもう一つ、坊主頭の選手が増えたなあ…(^^;

前半は17番・中野の活躍が目立ちました。
特に13分ごろに見せた左サイドからの突破など…
監督曰く「もっと楽にできるぞー」。しかし実際はそうでもなかった…
26分ごろ、給水タイムがありました。これを見ると夏を実感しますねえ。

43分ごろ、26番の抜け出しを国士舘GKが露骨に倒してレッド。
これで一気に展開が楽になるかと思いきや、これがそうでもありませんでした。

それでも後半に入り51分、右サイドで中野から永露と繋いで中央に持ち込んでゴール。
64分、35番宮阪の強く打つと見せかけてふわりと交わすやわらかいプレーに
感心したりもするのですが、このあたりからFC東京の運動量が徐々に落ち始めます。
数的優位が感じられません。

そして69分、前半から闘志むき出しのプレーを見せていた国士舘の9番が
左からフリーでゴール。同点とされます。
活性化を図るべく終盤投入された14番小川、いつものように右サイドを元気良く上がる
のはいいんだけど、そのあと如何に前線につなげるか、そこが大切だよ~。

結局数的優位を活かせず、前節に続くドロー。
次は天敵・三菱養和戦です。首位堅持のためにはちょっと後がない状況となってきました。
次回見るときは全員坊主になっていたりして。(^^;

※試合の公式記録はこちら(FC東京公式HP)を御参照下さい。
[PR]
by inuichi | 2005-07-15 12:38 | サッカー(ユース)