ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

プリンスリーグ第3節 FC東京 vs 小山南

「んっ?見えない?」
メインスタンドは屋根付の立派なものでしたがピッチまで少々遠く、
おまけにテントが邪魔して最上段からでもピッチが一部見えなくなっております。
b0014915_23224519.jpg

ピッチが近く障害物もないバック側に移ろうかとも思いましたが、
天気が少々怪しかったので、とりあえず前半はメインで様子見。

 4分 小山南、FKからいきなりヘッドで先制。
 小山南に荒いプレーが目立ち、倉又監督が思わずエキサイトする場面も。

 21分 15番宮阪の強力FKが小山南DFに当たってCK。
 7番大竹 左からのCKに4番吉本がヘッドで合わせたボールが
 ついにゴールネットを揺らしました。

 25分に13番城間が超ミドルシュートを放ちますが僅かに弾かれてバーの上。
 その後も両者決め手を欠き1-1で前半終了。
 印象に残ったのは宮阪の巨砲連発。

テントで見えないのは本当にごく一部なんですが、
その向こうでごちゃごちゃやられるとやっぱストレスが…(^^;
雨が降りそうな様子もないので、後半はバック側に移動しました。

 後半は31番山浦の左サイドでの粘りや、
 4番吉本の機を見た積極的な攻め上がりで攻撃の厚みを増すシーンが度々。
 後半から入った24番米田も前線右で度々チャンスを作り出します。

 特に終盤は猛攻で、85分に相手DFが黄紙2枚目で退場、10人となります。
 ところが…

 ロスタイムも終わろうかという時、小山南の選手が一瞬フリーになった所に
 右サイドから実に良いクロスが供給され、それを決められ…
 その直後、タイムアップの笛。

選手はピッチに座り込む者、シャツで顔を覆う者さまざま。
そりゃそうだよね…3節終わって、まだ勝ち点1すらあげられていません。
※前節は、横浜Mに0-3で破れています。
小山南のユニがガンバ色というのも、見る者の落ち込みを倍化させる要因…
(前日、FC東京トップはガンバに0-1で負け)
自分は自分で二日連続ロスタイムの悲劇…さすがにへこみますわ。
b0014915_23232278.jpg

このグランドは東武宇都宮線・国谷駅から徒歩20分。
途中の一本道は周囲に何もない殺風景なところでしたが、
着いてみるとこれがちょっとした遊園地状態。
グランドに隣接しておもちゃ博物館を初め子供向けの施設が多数存在、
(というより、グランドも敷地内の一施設ですね)
家族連れで大いににぎわっていました。
隣の駅の「おもちゃのまち」という駅名、どうやらここが由来のようです。
(但し、歩いて行くには国谷より若干遠かったりする)

帰路は深川のU-15の甲府戦に間に合いそうなので、
口直しに見て行くべえと区間快速→半直と乗り継いで住吉駅まで行くと、
偶然にも先に帰り着いていたU-18の選手がエスカレーターを固まって
降りてきました。
結果が結果だけに…ちょっと罰が悪かったですねえ。('A`)
[PR]
by inuichi | 2006-04-23 23:29 | サッカー(ユース)