ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

カテゴリ:バス・町歩き( 12 )

明けましておめでとうございます。

さっそく国境越えの旅をしてきました。
といっても、終夜バスに乗って地下鉄で戻って…去年と全く一緒です。

何が国境越えかというと、武蔵国と相模国の国境が港南区を横切っていて、
上大岡駅~上永谷駅の終夜バスがそこを越えるというだけ。
小一時間もあれば戻ってこれる、実にお手軽な旅です(笑)

でも旧国境が政令市の区を二分するところは全国的にも珍しいんですよ。

撮ってきた画像もまるで去年の焼き直しみたいなのばかりですが、
なるべく被らないのを貼りますね。

b0014915_3133710.jpg

告知ポスター。51系統だけ「臨時」の文字が光ってますねえ。

b0014915_315238.jpg

今年はガラス越しじゃないバスの画像が取れました。

b0014915_3155166.jpg

地下鉄上永谷駅(地上に有ります)。満月なので空が薄明るいのが分かるかな?

その満月が、そろそろ欠ける時間でございます。滅多に見られない元旦の月食。
月食画像は自分のカメラだとたぶん捕捉不可能…運良く撮れたらうpしますん。
[PR]
by inuichi | 2010-01-01 03:19 | バス・町歩き
広くなった部屋は、再び狭くなりつつあります…

しかしもうすぐ大掃除のシーズン。ここで一気に挽回を。


それはさておき、

週末は四国の方をぷらぷらと。

そこで瀬戸大橋の中間にある「与島」という島に寄ってきました。

(トップページの画像も、その時に拾ったネタ)

b0014915_203596.jpg


風が強くてものすごく寒かったけど、おかげで空気が澄んで景色が綺麗。

b0014915_1582930.jpg


橋を渡る列車も、このとおり。

b0014915_214023.jpg


島に瀬戸大橋線の駅は有りませんが、坂出駅・児島駅から路線バスが出ています。

坂出発の便は、島の奥の方まで乗り入れます。

ここに載せた画像は、坂出発のバスの終点・浦城付近で撮ったものです。



瀬戸大橋中間にある島々はいつも列車の中から眺めるだけの存在でしたが、

いつか立ち寄りたい、いつか立ち寄りたいと思い続けて20年、

ようやく叶えることができて感無量です。

詳しい画像は、またの機会に…
[PR]
by inuichi | 2009-12-22 02:05 | バス・町歩き
新年明けましておめでとうございます。
昨年の更新ネタをだいぶ積み残してしまいましたが、
今年もよろしくお願いいたします。

さて今年は横浜市営バスが初めて終夜運転を行いました。
しかも実家の近所では普段と違う臨時系統が登場。
経路は上大岡駅~すずかけ通~上永谷駅で、
通常なら51系統の上大岡駅~野庭中央公園、
45系統の野庭中央公園~上永谷駅を別れているところを
ひとつにまとめたような感じです。
b0014915_148295.jpg

系統番号は無く、「野庭ゆりの木線」という路線名がついていました。
深夜帯にもかかわらず通常料金というのが太っ腹ですねえ。
b0014915_1491387.jpg

b0014915_1494536.jpg

車両にも系統番号表示は無し。
ただし自動放送・LEDともにオリジナルのものが用意されていました。
b0014915_141110100.jpg

車内も凧などの飾り付けがなされ、正月ムードを盛り上げます。
それだけでなく、走行中はなんと正月風のBGMがずっと流れていました。
これは気合入ってるわあ…

途中何箇所か乗降があり、運転士さんはそのつど乗降客数をメモしていたようです。
実績如何で来年以降の運行継続が判断されることでしょう。
ちなみにこの日の車内は多いときでも7~8人程度でした。
b0014915_14133036.jpg

上永谷からは、これまた今年から始まった地下鉄の終夜運転で上大岡に戻ります。
地下鉄ではなつかしの「伊勢佐木長者町行き」が走ったようですが、
時間の都合でこちらのほうは割愛。
おそらく終夜バス以上に多くのファンが群がったことでしょう(笑)
[PR]
by inuichi | 2009-01-01 14:15 | バス・町歩き
自宅を出て数分も歩かないうちに…なんか見慣れたような懐かしいようなバスが…えっ?なぜ神奈中?
b0014915_1185229.jpg

よく見ると自動車学校に払い下げられたものと判明。しかも白ナンバー。
b0014915_1282917.jpg

おそらく教習用でしょう。さすがに送迎バスは静岡市内まで来ないようですし。
b0014915_1212880.jpg

しずてつジャストラインとのツーショットもばっちり。
事情を知らない神奈川県民に見せたらどんな反応を示すだろう?

センチュリーと名のつく企業といえば、静岡では小田急系のセンチュリーホテルが真っ先に思い浮かびます。
この自動車学校も小田急系なのでしょうか。だとすれば同じ小田急系の神奈中の車両が払い下げられているのも納得です。
しかし、教習用としてもなぜはるばる静岡市に?
[PR]
by inuichi | 2008-03-17 01:35 | バス・町歩き
港南台西公園にちょっと変わった形の送電鉄塔があります。
b0014915_0281093.jpg

かなり背の低い鉄塔が二つ並んでいます。
後ろに見える高い鉄塔の送電線を半分ずつ振り分けているのです。
(振り分けている様子が良く分かる画像)
b0014915_1121171.jpg

なぜかというと、交差する別系統の送電線を交わすためです。
いちばん上の画像をよく見ると、横方向に別の送電線があるのが
お分かりいただけると思います。

別系統の送電線の鉄塔(右側2基)を含めた画像。
左側2基の変わった鉄塔の送電線の上をまたいでいます。
b0014915_031152.jpg

この鉄塔、港南台駅前からだと本郷台方面の方角、
トンネルの少し向こうのあたりに見ることができます。
周囲の他の鉄塔の高さと比較して明らかに浮いており、
てっぺんの冠のような鉄鋼(避雷用の架空地線を吊るためのもの)も無いので、
鉄塔を見慣れている者にとっては「おやっ?」と感じさせる代物。
港南台駅前の塾に通っていた中学時代から気になっていたのですが、
今回ようやく間近で拝むことが出来ました。

このすぐ近く、根岸線のトンネルの真上に当たるところにJRの変電所もあります。
この変電所に電気を供給している送電鉄塔は左側に見える小さなもので、
よく見ると先に紹介した送電線のどちらとも関係ない、さらに別の系統のようです。
(右側の高い鉄塔は、変わった鉄塔につながっているのと同じ系統)
b0014915_161253.jpg

おそらく、先日ここに画像を掲載した瀬上池の上をまたいでいる送電線
(この画像の左下の鉄塔)と同じものと思われますが、
はっきりと確認できたわけではないので、機会があればまた調査してみたいと思います。
[PR]
by inuichi | 2006-03-04 23:26 | バス・町歩き
(「瀬上池」のつづき)
昔、円海山の山道を鎌倉に向かって歩いていたとき、
突然右側に住宅地が出現してびっくりしたことがあります。
見下ろすという感じではなく、山道と同じレベルに住宅地があるのです。

子供心に「ここは山頂の楽園か?」とおののきつつも、
山道の途中にこんなものがあったら雰囲気ぶち壊しだという印象も抱かせた住宅地、
地図で調べるとどうやら南戸塚住宅(現在の庄戸)と呼ばれる一帯らしい。
果たしてそれで正解か?幼い頃の記憶だけを頼りに、
長年の疑問をこの目で解き明かすべく瀬上池を後にしました。

しばらくは遠くに住宅街を望むだけ、反対側は完全に山中の尾根道でしたが…

やがて民家の裏庭のようなところへ。
b0014915_23171323.jpg

すぐにハイキングコースと住宅街の接続点へ。本当に標高差がまったくありません。
b0014915_2321427.jpg

幼い頃の記憶に、どうやら間違いはなかったようです。
と、長年の疑問が晴れたちょうどその時。

藪の中からガサガサッと物音が。
マムシ注意の看板を見たばかりなので一瞬身構えましたが、姿を現したのはなんと…
b0014915_23235456.jpg

リス♪
実は野生のリスを見るの、生まれて初めてなんですよ…
大船市横浜市南部の山麓から鎌倉市にかけて
野生のタイワンリスが大繁殖しているのを知識で知ってはいましたが、
いざ目の前に姿を現すと感激もひとしおですね…
なんといっても、大宮サポですし。
案外この辺、隠れ大宮サポが多かったりして。←それはない(^^;

(おまけ)こんなところにも三都主サントスが。
武相国境にまたがって手広くやってたのね…
b0014915_23282182.jpg

[PR]
by inuichi | 2006-02-26 23:29 | バス・町歩き
「円海山」で紹介した武相国境の尾根。
18日に、その尾根を反対側から覗いてきました。

2月初めに北口が新設されたばかりの大船駅を様子をのぞいた後、
神奈中バスで瀬上市民の森の入口まで。
本当は「みどりヶ丘」行きに乗るつもりだったのですが、
30分近く待ちそうだったので、近くまで行く「上之」行きで終点まで。
b0014915_22385960.jpg

ここからみどりヶ丘まではバス停3つ分くらいなのですが、
いったん環状4号線に出て、再び離れた途端ものすごい上り坂…('A`)
このあたり、メインルートの環状4号線から1~2停留所入って終点という路線が
多いのですが、その存在意義が分かったような気がしました。

みどりヶ丘の住宅地から、早くも円海山の鉄塔類が間近に。
b0014915_2245375.jpg

そして、瀬上池がある瀬上市民の森入口近くの公園から、
先日紹介した「港南環境センター」の裏側が見えます。
手前の山が武相国境、煙突の所在地はもう港南区です。
正直、環境センターの裏側がこんな間近に見えるところとは知りませんでした…
b0014915_22454910.jpg


いよいよ瀬上市民の森に分け入り、谷底にある瀬上池へ。
ここからも煙突が見えます。水面にも映っているのが分かりますでしょうか。
逆にあの尾根道からも、瀬上池が見えるということですね。
b0014915_22495438.jpg


ここから先日通った尾根を経由して港南台まで歩いても良かったのですが、
長年のある疑問を解明すべく、更に南に向かうことにしました。
「山頂の楽園の主は」に続く
[PR]
by inuichi | 2006-02-26 22:51 | バス・町歩き
(~1~からつづき)次第に横横道路が接近してきます。
トンネルには入らず、左側の道をなおバイパスと並行するように歩きます。
b0014915_23192629.jpg

この辺、小さい頃訪れたときは荒地だったんですが、
今では住宅が立ち並び、往時の面影は薄くなっています。
確か昔は釣堀があったはずですが…
自治会の看板を見ると「たかのす」となっています。
このあたりがそういう地域名であることも初めて知りました。(町名は港南台7丁目)

ここから先、南下する道はもう車が入れません。(左側の黄色い車止め)
b0014915_23205032.jpg

車止めの先は公園になっていて、すぐ突き当たって階段を登るようになっています。
ちょうどこのあたりが港南台インターの下。ネット情報ではこの辺に水源があるはずですが…
b0014915_23225330.jpg

少し進むと左側に水をたたえた掘りこみが。
b0014915_23244896.jpg

まだ整備途中なのでしょうか。工事用のコーンが置いてあったりしますが…
ただの水溜りなら、このような柵はわざわざ作りませんよね。
b0014915_23255126.jpg

その右側には水の流れ出す樋(とい)。
土手の上には横浜市水道局の峰配水池もありますし、
ここが水源と考えて、間違いなさそうです。
b0014915_23324095.jpg

水源であることを示す看板類は何も見当たりませんでしたが、
何も知らない人にむやみに汚されないためにも、地元の子の社会勉強のためにも、
なにがしかの説明板が欲しいと思うのは私だけでしょうか。

すぐ先の階段を上ると、港南台インター出入口のある環状3号線。
洋光台6丁目のバス停が至近にありますが、ここでバスには乗らずに
さらに峰方面を目指したのでありました。
[PR]
by inuichi | 2006-02-23 23:33 | バス・町歩き
先日UPした円海山を訪ねた同じ日に、実はもう一箇所別の場所を歩いています。

横浜の中心街を流れる大岡川の支流のひとつである日野川。
そのまた更に支流が以前の実家付近を流れているのですが、
上流側が暗渠になっており、源流がどこであるかが長年の謎でした。

最近、その源流が横横道路の港南台インター下にあることをネットで知り、
長年の疑問の決着をつけるべく?日野川支流をさかのぼってみることにしました。
b0014915_235724.jpg

横横道路日野インターに近い「日野」バス停。
ここで日野川の本流と支流が合流しています。上流に向かって移動開始。
b0014915_235519.jpg

川沿いにずっと道があります。西側には横横道路も平行しています。
しばらくは川の上を覆うように歩道が整備されています。
本当に小さい頃(30年前?)はこの歩道はなかったような記憶があります。
b0014915_237991.jpg

途中で歩道は終わり、いったん川の流れが離れますが、
県営日野団地の入口(宮下橋)で再び合流、
すぐに暗渠の入口に到達します。ちょうど港南区と磯子区の境にあたります。
b0014915_23111860.jpg

このあたりを歩いているうちに、なんと小雪がちらついてきました。(ToT)
そんな予報じゃなかったのに…

なおも南下を続けます。少し行くと根岸線との交点に到達します。
右の三都主SANTOSというのはタクシー会社です。昔は良くお世話になりました…
道の右側(西)が港南区港南台、左側が磯子区洋光台です。
b0014915_2312422.jpg

さらに市バス111系統の通る道路を渡り、南下を続けます。
バス停で言うとバイパス下のあたりです。(~2~につづく)
[PR]
by inuichi | 2006-02-23 23:16 | バス・町歩き
→峰の郷と進み、さらに円海山方面へ。
尾根道まで続く畑のあぜ道を上りきり、
振り返って北東方向の横浜中心部を望むと…
手前に洋光台団地、遠くにランドマークタワー等も見えます。
b0014915_0201369.jpg

視点を少し右(東)にずらすと、さっき通った峰バス停真上の横横道路が見えます。
b0014915_0203339.jpg

そこから少し下って更に進むと、磯子区・港南区・栄区の境に出ます。
まず上の2枚をとった地点を振り返ります。
b0014915_0195317.jpg

続いて南西方向、栄区方面を望みます。
手前は「瀬上市民の森」と呼ばれるすり鉢状の森。底には瀬上池が有馬す。
その向こう側は上郷の住宅地。
b0014915_021144.jpg

ここは武蔵・相模の国境でもあります。
磯子・港南区側が武蔵、栄区側が相模です。
東京湾側と相模湾側の分水嶺でもあります。

正直、初めはここまで来るつもりはありませんでした。
しかし斜面の畑の風景が、本当に小さい頃に円海山登ったときの記憶とぴたりと一致し、
ちょっと驚いたので、矢も盾もたまらず登ってみたくなってしまったのです。

この尾根道、よくよく考えるとかつての実家から見える景色の一部だったんです。
(一昨年、元の実家とほぼ同じ位置から撮影)
b0014915_0282680.jpg

白い建物・煙突(港南環境センター)の後ろ側の稜線、今回登ったのはその左側です。
毎日眺めていた景色が武相国境だなんて、当時は知る由も有馬線でした。

軽い気持ちで、未乗バス路線探訪のつもりで訪れただけだったのが、
もっと大きな意味で山や町を探検する面白さにはまってしまったかも…

そこで新カテゴリ「バス・町歩き」を誕生させました。
バス路線の話題も絡めるため、故郷・横浜中心の話題になると思いますが、
よろしくお願いします。
しかし今更なぜ…里心がついたわけでもないだろうし…(^^;
[PR]
by inuichi | 2006-02-21 00:35 | バス・町歩き