ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

昨日は市立船橋に遠征へ行ったところ地震に巻き込まれ、
鷲宮まで帰ってくるのに4時間掛かったとか…お疲れ様です。

そんな疲れをものともせず?雲間から時折日が射す中、
矢板中央高校との練習試合が30分ハーフで5本行われました。
プリンスリーグにも参加している栃木県の強豪です。

1本目から成立なかなかいい感じ。終始圧倒していました。
2本目。矢板中央の21番がDF裏に抜け出して決定的場面を作ります。
決められませんでしたが、それを皮切りにやや矢板が押し気味に。
成立は20番が前線でキープ力あるプレイを見せますが
やや持ちすぎの感も?パス出しの精度をもう少し高めたい。

3本目。成立の放った何でもないパス?がコロコロとゴールへ。
これをきっかけに今度は成立が一気に攻勢をかけます。
2分後に18番が右からグラウンダーのシュート。
そのまた1分後に16番と30番のワンツーから16番が放ったシュートを
GKに跳ね返されたものの、すかさず18番が詰めてゴール。
と、わずか3分の間に3得点。

このように、一つのプレーをきっかけに流れがガラッと変わるのが
きょうの特徴だったように思います。

4本目にも成立が3得点。
16番が右をドリブルで上がり、中央の36番にマイナス気味のパス→シュート。
19番の右からのクロスを中央の28番がドフリーで受けてシュート。
さらに36番の左からのシュート。と言った感じでした。

5本目、成立はメンバーを大幅に入れ替えましたが、
立ち上がり、足が止まっているような感じでやや動きがない。
そこを矢板に突かれ、2失点を食らってしまいました。

スコアをまとめると 0-0、0-0、3-0、3-0、0-2 となります。

時折日が射す程度で、風もありむしろ過ごしやすいくらいだった陽気。
にもかかわらず、腕は真っ赤になりました。
ぬるめの風呂から上がったところで、この日記を書いています。
b0014915_17450.jpg

[PR]
by inuichi | 2005-07-25 01:07 | サッカー(ユース)
このたび、サッカーの中でもFC東京U-18、成立学園をはじめとする
ユース世代に関する内容を、静岡犬一テレビとして独立させました。
大宮放送の系列局としての位置づけになります。
また、独身三十路会とは別ページの扱いだったサッカーを、遠い眼で見るは、
静岡犬一テレビの一コーナーとしての位置づけになりました。
(内容はほとんど手をつけていませんが^^;)

既にこの日記のカテゴリーにサッカー(ユース)を追加し、過去の観戦記等を含め
ユース世代に関する内容はこちらに分類し直しています。

なお、静岡県のサッカーに関する情報はほとんど有馬線ので御注意ください。
今の職場から徒歩3分程度のところに静岡県サッカー協会があるんですけどね。(^^;

今後とも大宮放送系列をよろしくお願いします。m(_ _)m
[PR]
by inuichi | 2005-07-21 02:11 | サッカー(ユース)
前節で一位の座が危ないようなことを書きましたが、
実は既に一つ下がっていたんですね…(と言っても二位ですが)

宿敵・三菱養和
クラブユース選手権予選では、0-4と苦汁を舐めさせられています。
そんなカードですから観客の入りが半端じゃない。
スタンド中央部はほぼ満員となりました。

序盤は8番村田と10番永露のコンビネーションを主体に攻勢を仕掛けます。
やがて28番大竹に向け右サイドから頻繁にクロスが上がるようになり、
前半17分、22番恩田の右からのクロスにその大竹がヘッドで合わせまず1点。
勢いに乗った東京は29分、スルーパスに反応した26番金森が中央に持ち込んで
ゴールに叩き込み2点目。
36分、DFの裏に抜けた村田がGKと1:1になるも落ち着いて決めて3点目、
そして37分、金森の右サイド深くからのクロスにニアの永露があわせ、
斜め45度の角度からDFとGKの狭い空間に通して4点目。

なんと前半だけで4点も取ってしまいました。

40分ごろ、養和のシュートがバーで跳ね返ったところを
再び養和の8番が拾って抜け出し、再びシュート。
ちょっと危機的状況でしたが3番伊藤がヘッドでクリアというシーンがありましたが
危なかったのはそのくらいでしたね。

後半はあまり無理に攻めにいかなかった印象。
しかし守備的布陣はDFにはきつかったのか?
伊藤の「5点目行こうぜ5点目!」の掛け声には
観客席がちょっとウケていました。(^^;

しかし87分、自陣でのファールで与えたフリーキックを
ゴール右に決められてしまいました。

後半運動量を落としたのは、4点リードと言う絶対的優位の中、
中1日で次の試合を控えていたことを考えると妥当な判断だとは思いますが、
出来れば無失点で抑えてほしかった。

選手のこの試合にかける意気込みが一番良く伝わったのは得点シーン、
喜び方がいつもとまるで違います。(^^;
試合終了後の挨拶の後も、メインの観客のほかゴール裏にも挨拶に行き、
応援歌を歌って喜びをあらわにしていました。
b0014915_0274726.jpg

[PR]
by inuichi | 2005-07-18 00:27 | サッカー(ユース)
b0014915_1238452.jpg
昨夜とは打って変わっていい天気。予報ではきょうも雨だったのですが、
昨日大量に降ってしまったので雲が枯れたか?(笑)

さて、FC東京ユースにちょっとした変化が起こりました。
7/8にHPがリニューアルし、試合の詳細結果や選手名鑑が掲載されるようになりました。
普段ここで書いている観戦記が誤記だらけなのを見るに見かねて…?んなわけないか。
※従って、今後ここではスタメンや選手交代に関する詳細記録は省略いたします。

試合前、一年生2人がTリーグのプログラムを配りに来たのにもビックリ。
今までなかったことですし、そもそもプログラム自体、基本的には関係者限定品の
はずなのです。
う~ん、何かユースに関する運営方針が変わったのでしょうか?
ちなみにプログラムは自分の所まであと十数名というところで品切れとなりましたが、
自分は既に別ルートで入手済みなので無問題。

変わったといえばもう一つ、坊主頭の選手が増えたなあ…(^^;

前半は17番・中野の活躍が目立ちました。
特に13分ごろに見せた左サイドからの突破など…
監督曰く「もっと楽にできるぞー」。しかし実際はそうでもなかった…
26分ごろ、給水タイムがありました。これを見ると夏を実感しますねえ。

43分ごろ、26番の抜け出しを国士舘GKが露骨に倒してレッド。
これで一気に展開が楽になるかと思いきや、これがそうでもありませんでした。

それでも後半に入り51分、右サイドで中野から永露と繋いで中央に持ち込んでゴール。
64分、35番宮阪の強く打つと見せかけてふわりと交わすやわらかいプレーに
感心したりもするのですが、このあたりからFC東京の運動量が徐々に落ち始めます。
数的優位が感じられません。

そして69分、前半から闘志むき出しのプレーを見せていた国士舘の9番が
左からフリーでゴール。同点とされます。
活性化を図るべく終盤投入された14番小川、いつものように右サイドを元気良く上がる
のはいいんだけど、そのあと如何に前線につなげるか、そこが大切だよ~。

結局数的優位を活かせず、前節に続くドロー。
次は天敵・三菱養和戦です。首位堅持のためにはちょっと後がない状況となってきました。
次回見るときは全員坊主になっていたりして。(^^;

※試合の公式記録はこちら(FC東京公式HP)を御参照下さい。
[PR]
by inuichi | 2005-07-15 12:38 | サッカー(ユース)
今までずっと画素数約130万のデジ亀で頑張ってきましたが、
以前からの蓋の不調に加え最近は画像の右下に黒いシミが出るようになって…
(下にアップした新デジ亀画像の中にも良く見るとシミが有馬すよ)
一念発起して買い替えを断行いたしました。

私の場合、ちょっと厄介な条件がありまして
「乾電池が使えること」
一旅行で結構な枚数を撮るので、電池がすぐへたってしまうのです。
充電式だと、その分余分に充電池を持ち歩く必要がありますし
いつなくなってしまうとも限らない。どこでも充電できるわけではありませんし。

で、購入したのが某大黒宮本社製・略して大宮製(wのDMC-LZ2です。
b0014915_211495.jpg

画素数は最近主流の500万。
決め手になったのは「光学6倍ズーム」でした。
駅改良工事の画像を撮るたびに3倍ズームに物足りなさを感じてたので…
もちろんそれ以上の高倍率望遠もあったのですが、
値段・重量等の点でかえって不利なので、6倍ズームを妥協点としました。

嬉しいのは、多少薄暗いところでもフラッシュ無しで撮影できる「風景モード」で、
夜間でもホームの明かりがあるところならブレ無しできれいに列車が撮影できます。
運転士に向かってのフラッシュは厳禁ですから、夜間撮影では列車後方から
狙うしかなかったので、この機能はありがたいです。
b0014915_284593.jpg

フラッシュ無しで撮影したムーンライトながらの先頭部(静岡駅にて)

※昨日の日記で豊スタの取材日記でも書こうかな、と書きましたが、
 ちょっとした行きがかり上(謎)、先に鉄道関係の新コーナーが出来てしまいました。(^^;
 国分交通省の「ただいま施工中」です。
 第一回の東武・太田駅をUPしましたので、是非ご覧下さい。
[PR]
by inuichi | 2005-07-05 02:13 | そのほか