ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

成立は足元でプレーし、国士舘は空中でプレーする
と書くといささか大げさですが、
体格を武器に力で圧倒する国士舘に対し、
準決勝に引続き、成立は細かいパス回しを主体とする
自分達のサッカーが出来ていました。
回を重ねるごとに、むしろどんどん成立カラーを色濃く出した
プレーができるようになってきているんですね。立派なものです。
2得点を挙げた11番の小檜選手、今大会最高の出来でしょう。
3得点目は終了間際に得たPKのチャンスを10番荒井がきっちりと。

3-0の完勝で、2年ぶり2度目の全国大会出場を果たしました。
おめでとう!
b0014915_0205095.jpg

[PR]
by inuichi | 2005-11-19 23:21 | サッカー(ユース)
今月初めの長野電鉄訪問で高頻度ダイヤを誉めたばかりなんですが…
12月10日、上記の評価をひっくり返すような
日中の普通電車大幅削減を伴うダイヤ改正が行なわれることになりました。

 新ダイヤの概要
 新ダイヤ(下り)新ダイヤ(上り)

参考:現ダイヤ長野線下り現ダイヤ長野線上り現ダイヤ屋代線

日中は長野発の普通が毎時2本しかない時間帯すらあります。
現在が毎時4本体制であることを考えると、大幅な後退を言わざるを得ません。
地元民で無いので全体の正確な利用実態は知る由もないのですが、
少なくとも長野駅近郊ではガラガラで仕方がない、ということは無かった筈です。
長野口の普通はせめて毎時3本くらいは維持できなかったのでしょうか。

それだけならまだしも、特急がきれいな1時間ヘッドを崩したあおりで
普通のダイヤも変則的になり、全体的に大変分かりづらいダイヤとなってしまいました。
来年夏までに新たに導入される新特急車(元小田急10000系)が
2編成しかないので、ダイヤに余裕を持たせたのかとも思いましたが、
現行ダイヤでも2編成で回せる(予備車除く)運用なので、これはあたらない。

特急の時刻は長野新幹線に合わせたとのことです。
確かに長野新幹線は停車パターンが複雑怪奇で発着時刻がばらついていますね。
北陸新幹線開業で速達タイプと各停タイプが分離されるまでは我慢の子か?

ともあれ新幹線接続をうたっている以上、地元利用を多少犠牲にしても
長距離客に軸足を移す意思があるということでしょう。
県外にも広くアピールするなど、営業面での徹底したフォローが望まれます。
でないと、このダイヤは生きません。

長電と条件が良く似た中堅私鉄として、富山地方鉄道というのがあります。
こちらは最近になって富山近郊の普通列車を大幅に増やすなど積極策に出ています。
長電はその先輩格に当たるダイヤだったわけですが、富山地鉄と入れ替わるかのように
縮小路線に向かってしまっているのは、残念でなりません。

もっとも、夕方の通勤時間帯に増発が行われているなど、
まだ増やすべきところは増やす姿勢が見られるのが救いですが…
b0014915_1134617.jpg

11月9日にはこのように乗降人員調査も行われた。
[PR]
by inuichi | 2005-11-16 01:15 | 鉄道
國學院久我山は、総体予選で苦杯を舐めさせられた相手。
あの時の成立は精神的に大きく崩れてしまい、結果的に大差をつけられた。
元々パスサッカーを標榜する成立ですが、
きょうはまたいつにも増してパスが細かい!
今年最高の出来と言っても過言ではありません。
久我山もそれに細かく応戦、
緻密なサッカーは見るものを魅了します。

序盤はやや成立ペースでしたが、前半終了近くになると
久我山も飛び出しが目立つようになります。
成立ファールやや多いか。ひいき目に見えると
久我山の選手がやや倒れやすい傾向が無きにしも非ず。

90分では決着がつかず、延長へ。
延長前半8分ごろに成立の波状攻撃あり、その直後。
右から11番小檜がシュート、久我山DFのクリアに
今度は10番荒井が詰めてついに成立先制。
直後、久我山DFの集中力が切れたか?と思わせるような
シーンもありましたが、とんでもない。
延長後半ロスタイム、久我山執念の同点ゴール。

ついにPK戦となりました。
成立は前回の試合もPK。このときの活躍で自信を付けたか、
GK市川が久我山の2本目を止め、3本目は枠の外。
対する成立は4人キッチリ決め、ついに決勝進出、
そして総体予選の雪辱を果たしました。

それにしても、両校の最後まであきらめない執念が
きちんと「形」となって現れた、本当に好ゲームでした。

成立、全国大会まで、あと一つ。
b0014915_291572.jpg

延長前半9分、10番荒井の先制ゴールが決まる。
[PR]
by inuichi | 2005-11-13 23:45 | サッカー(ユース)
b0014915_23413181.jpg

学生時代から名古屋勤務だったころにかけて、かなり入れ込んでいた線区が飯田線。
最近疎遠になっていましたが、数年ぶりの再開となりました。

時刻表を開いて。
北部の本数、こんなに少なかったっけ…
決して人口が少ない地域じゃないのに、2時間も列車が来ない時間帯も。
間引きされたのは知っていましたが、いざ目の当たりにするとやはり衝撃でした。

b0014915_23413118.jpg

でもやる気が無いのかといえば…
駅舎を中心に、けっこう設備が新しくなっているんですね。
見捨てられているわけではないようで、一応安心。

b0014915_23441859.jpg

北部ではりんご・柿の木がちょうど見ごろです。
赤とオレンジの織り成す世界はさながらさいたまダービー状態。(^^;

b0014915_23445123.jpg

今回一番混んでいたのが、天竜峡~平岡間。
紅葉狩りツアーの団体客満載でした。
普段は一番閑散とした区間が、こういう形で潤うのは面白い。
さすが飛び石連休。
まだちょっと紅葉には早かったようでしたが…

b0014915_23451667.jpg

久々に降りた平岡駅は立派な温泉&宿泊施設が出来て
改札の位置まで変わっていました。いやはや浦島状態…
列車一本落として食事だけして帰るつもりだったのが、
温泉にも浸かって結局3時間ほどのんびりさせてもらいました。

b0014915_2347855.jpg

喫茶室から眺める天龍村の景色。
さすが長野県最南端だけあってまだ秋色はほんのり。

b0014915_23473498.jpg

帰路は奮発して特急・伊那路で。
さっきの紅葉狩りの客の喧騒が嘘のように静かな車内で、
五平餅をいただいた効果もあって、ついうとうとと…
気がつけば豊橋につく頃には半数くらいの座席が埋まっていました。
短距離特急料金値下げの効果か、愛知県内だけの利用も結構多いようです。
[PR]
by inuichi | 2005-11-07 23:47 | 鉄道
週末に信州へ行ってきました。その時の印象をいくつか。
**************************
b0014915_23321996.jpg

写真の特急形車両2000形は、小田急から譲り受けるロマンスカーの
使用開始(来年夏予定)に伴い全車両引退の予定です。
普通列車は既に営団・東急から譲り受けた車両に置き換えられており、
これで2000形が引退すると長電オリジナルの車両は姿を消します。

お別れをかねて信州中野まで乗車してきました。
車内は集団見合い形に座席がセッティングされ、しかも回転できないよう
固定されていました。京急2000形の更新前のような感じです。
前回乗ったときは4人掛けのボックス型にセッティングされていたのですが
さすがに評判が悪かったのでしょうか。(^^;

b0014915_233563.jpg

須坂には既に引退した長電オリジナル車10系の姿も。

須坂停車中に天井の蛍光灯の取替作業が行われました。
2000形のうち一編成は既に引退しており、
余裕のない中で車両のやりくりをしていかなければなりません。
まさに満身創痍といった感じでした。
引退まであとわずか。最後まで無事に走り抜けて
有終の美を飾って欲しいものです。

時間の都合で終点の湯田中までいけなかったのは残念。
信州中野から先の急勾配、終点湯田中のスイッチバックと
見所満載の区間なのですが…
b0014915_23355350.jpg

信州中野の券売機。なんと名古屋市内行きも買えます。

帰路は普通列車。
信州中野から長野方面は普通が毎時3本、特急が同1本、
須坂からは更に普通が増えて毎時4本となるなど
長野の都市規模としてはかなり健闘しています。
複線区間が長野~朝陽間しかない条件下で
速度差のある列車をこれだけ走らせているのですから立派なものです。
[PR]
by inuichi | 2005-11-07 23:36 | 鉄道