ブログトップ

話半分

kokubun.exblog.jp

新・国分日記からリニューアルしました。適当にやっています

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東急田園都市線では、4月5日から平日朝ラッシュの上り急行13本を
二子玉川~渋谷間各駅停車の「準急」に格下げすることになりました。

現状では確かにやむを得ない選択であることは理解できます。
急行と各停の乗車率を平均化して遅延防止を図るのが狙いとのことですが、
裏を返せばもはや混雑緩和策が手詰まりであることの証しでもあります。

特効薬となるはずの大井町線溝の口乗り入れ&急行運転でさえ、
その効果を疑問視する声が上がり始めている始末。
逆に、準急化自体が大井町線誘導策ではないかと囁かれるくらいです。

果たして大井町線溝の口乗り入れ後に急行は復活するのでしょうか。
暫くは転移の様子を見てから判断することになると思いますが、
もし「復活は無理」という判断が下されたとしたら、
田園都市線は複々線化されたのにかえってスピードダウンという、
何とも皮肉な結果に終わってしまうわけです。

沿線人口増加が止まらないにもかかわらず、
東急自身による沿線開発が続くなどちぐはぐさも目立ちます。
混雑緩和に対する見通しが甘かったと言わざるを得ません。
[PR]
by inuichi | 2007-01-26 01:24 | コラム「運輸と不経済」